Optus Sportは、2020年シーズンから3年間にわたり、日本のJリーグ競技に対するオーストラリアの独占的権利を確保することで、新年を迎えました。

今年の競技は2月21日に始まり、オプタススポーツにとってアジアで最初の主要なサッカー買収となります。

OptusのTVおよびコンテンツコリンダイモポロスのヘッドは、この買収により、ストリーミングサービスが「世界中の最高のサッカーの本拠地」としての地位を固めると語っています。

「昨年、Optus Sportの加入者が着実に増加していることも嬉しく思います。 825,000のアクティブなOptus Sport購読アカウントにコンテンツをストリーミングできることを特に誇りに思っています」とDimopoulos氏は言います。

「今年は今年で最大の年になります。プレミアリーグ、UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAヨーロッパリーグ、FA女子スーパーリーグ、Jリーグ、UEFAユーロ2020はすべて、オプタススポーツのライブおよびオンデマンドで登場します。」

Jリーグは2月に開始され、11月まで続きます。ラウンドごとに最大4試合がライブおよびオンデマンドでOptus Sport視聴者に提供されます。

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.

Topics #Jリーグ #Optus Sport