麻生太郎財務相は金曜日、経済を支えるための刺激策をまとめる必要はないと考え、政府がそのような計画を検討しているというメディアの報道を無視した。

麻生首相から「私は指示を受けていない」と麻生は内閣会議後に記者団に語った。 「今やらなければならないことは考えていません。」

米中貿易戦争の中で戦後最長の経済ブームが幕を開け、政府が10月に実施された消費税増税の影響を監視しているため、安倍首相は年末に追加予算で追加支出を求める可能性があると推測されています。1。

みずほ証券のチーフマーケットエコノミストである上野康成氏は、政府はインフラの再構築に50億ドルから100億ドルを割り当てる可能性が高いと言いますが、長年の日本の戦略家Jesper Kollは200億ドルから300億ドルのようなものを予測しています。

日経事業は、安倍首相が間もなく、現会計年度の追加予算と翌会計年度の年間予算に不特定の支出を充当することにより、刺激策をまとめるように指示することを毎日報告した。

それは、台風ハギビスからの災害救援と復興を支援し、経済成長を後押しすることを目的とした、2016年以来の最初の刺激策であると日経は報じた。

より多くの支出があれば、産業界の最も重い公的債務負担にさらに負担がかかり、これは日本経済の2倍以上の大きさであり、2025年度までに予算を均衡させるという政府のとらえどころのない目標を危うくする可能性があります。

安倍政権は、成長の促進と財政再建の推進とのバランスを取る必要性に直面しながら、ひどい財政の回復を支援するために、国内売上税を10%に引き上げました。

日本銀行は木曜日の金融政策を予想通り堅調に維持したが、近い将来金利を引き下げるかもしれないというこれまでで最も強いシグナルを発し、海外のリスクが脆弱な経済回復を妨げる可能性があるという懸念を強調した。

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.

Topics #安倍Shin三 #麻生太郎