英国と日本は火曜日にブレグジット後の貿易協定で合意に達することを目指して交渉を始める予定です。

交渉は、ロンドンと東京が英国と欧州連合を通じて現在日本との間で交わしている合意に取って代わる方向に進んでいるときに起こります。

2021年1月1日までに新しい取引がなければ、両国はデフォルトで世界貿易機関の取引条件になります。

これは、英国とEUで4番目に大きい非EU貿易相手国との間の関税と貿易への障害を意味します。

何十年にもわたって貿易政策を欧州連合と共有した後、英国は現在、世界各国との自由貿易交渉に着手しています。

先月、英国は米国との正式な協議を開始し、今年の終わりまでにEUとの貿易協定に達することを望んでいます。

ブリュッセルとの話し合いは特に難しいことが判明しており、交渉の対象となるものの基本的な構造についてさえ、これまでのところ合意はありません。

日本との協議は、最初はビデオリンクを介して行われ、英国の国際貿易長官であるリズトラスと日本の外務大臣である茂木利光の間で行われます。

トラス氏は、東京とブリュッセルの間の既存の協定に基づいて構築することを望んでいると述べた。 」

「この契約は、英国のすべての地域と国の企業と個人により多くの機会を提供し、コロナウイルスによって引き起こされた前例のない経済的課題に続いて私たちの経済を後押しするのに役立ちます」とトラス氏は付け加えた。

英国政府の統計によると、両国間の貿易は昨年、合計で314億ポンドに達し、9,500の英国ベースの企業が日本に商品を輸出しています。

英国は、日本との自由貿易協定が、最終的に太平洋横断パートナーシップのための包括的かつ進歩的な協定(CPTPP)に加わることに役立つことを期待しています。

オーストラリアからチリに及ぶ貿易協定である11人のメンバーであるCPTPPのメンバーになることで、英国企業のアジア太平洋地域の市場へのアクセスが大幅に向上します。

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.