楽天株式会社の携帯電話ユニットは、データの使用量が高いためにライバルの半分以下の料金を請求し、来月サービスを開始する際に加入者を誘致したいと考えています。

電子商取引の巨人は月額2,980円の値札を検討しているが、これは日本の無線通信事業者間の価格戦争を確実に強化する動きだ、と情報筋は語った。

楽天は火曜日に新しいサービスの価格表を発表する、と彼らは言った。

NTT Docomo Inc.は基本的に6,980円の高データプランを提供しますが、国内の他の2つの主要プレーヤーであるKDDI Corp.とSoftBank Corp.は、それぞれ7,480円をかかるサービスに請求します。

楽天は4月に本格的な無線通信サービスを開始し、混雑した携帯電話市場で国内4番目のプレーヤーになります。

楽天は2014年10月に、他の無線通信事業者のネットワークを使用した仮想モバイルネットワークオペレーターとして携帯電話事業に参入しました。

同社は当初、昨年10月に自社ネットワークで本格的なサービスを開始する予定でしたが、ネットワークベースステーションの設置が遅れたため、スケジュールを遅らせる必要がありました。

楽天のネットワークは、東京、名古屋、大阪などの主要都市でのみサービスを提供する予定です。

同社は、全国的なサービスを提供するためにKDDIのネットワークをレンタルする予定ですが、ライバルへの料金が収益性を圧迫する可能性があり、最初に赤インクが発生する可能性があります。

楽天会長兼最高経営責任者(CEO)の三木谷宏氏は、同社は新しい技術を採用しているため、ワイヤレスサービスを低価格で提供できると述べています。

同社はまた、携帯電話市場への参入により、加入者がオンラインショッピングや金融サービスを含む他のビジネスへとつながることを目指しています。

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.

Topics #楽天モバイル