ドーハで開催された世界陸上競技選手権での女子マラソンである摂氏30度近くの予想気温にもかかわらず、カタールは金曜日に予定通り進められると主催者は言います。

69人の女性がスタートリストに載っており、レースは深夜(現地時間)の1分前にスタートする予定です。

声明の中で、主催者は、開始時の温度は摂氏30度(華氏86度)以下になると述べました。

「これは過去6か月間に予測および計画された範囲(28〜30.9度)の範囲内です」と陸上競技連盟(IAAF)の国際協会(陸上競技の運営機関)は声明で述べています。

木曜日の会議で、チームリーダーと医師は、レースの状況について説明を受けました。

「イベントの開始時間を変更する決定は、IAAFメディカルデリゲートの勧告に基づき、午後10時30分までに行われます。深刻な苦痛の」とIAAFの声明を追加した。

主催者は、コースに沿ってリフレッシュポイントを増やし、潜在的な熱関連リスクを最小限に抑えるために、医療チームの一部として「主要な専門家」を採用しました。

残念ながら、マラソンランナーにとっては、ハリファインターナショナルスタジアム内の最先端の冷却システム(チャンピオンシップ中に焼け付くような暑さを抑えるのに役立ちます)は、屋外ルートでは助けになりません。

世界選手権は9月27日から10月6日まで開催されます。

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.

Topics #世界陸上選手権 #女子マラソン