日本政府は、北朝鮮、ヒューマン・ライツ・ウォッチ、および約300のその他の非政府組織と関係者における人権侵害に対する説明責任を促進する慣行を逆転し、その慣行を再開すべきであると本日、日本の安倍Shin三首相への手紙で述べた。
2019年、過去10年以上にわたり、日本は国連人権理事会で北朝鮮に関する主要な年次決議を後援することを拒否することを決定しました。 5月、安倍首相は、北朝鮮の指導者である金正恩氏に、前提条件なしで会おうとするだろうと述べた。それは、サミットでは過去の日本人citizen致問題について進展をもたらさなければならないという彼の以前の立場からの変化でした。

「安倍Shin三首相と彼の政府はかつて、政府によってa致された北朝鮮の人々と日本人市民に対する虐待を含む、北朝鮮の残虐行為を暴露する国際的な取り組みのチャンピオンでした」と土井佳苗日本局長は述べました。 「日本政府は、その姿勢を和らげるという決定を再評価し、北朝鮮の虐待を調査し、政府当局者に犯罪の責任を持たせるための国際的な取り組みを強化する上で再び主導権を握るべきです。」

共同書簡には、アジア、ラテンアメリカ、アフリカ、ヨーロッパ、北米の約300の非政府組織を代表する連合を含む54の組織と関係者が署名しました。

日本政府は、人権理事会で北朝鮮の決議を後援しないという決定について適切な説明を提供しなかった。匿名の日本の役人は、5月に日本の新聞朝日新聞に、北朝鮮政府は国際批判に非常に敏感であるため、外交的な結果をもたらすかどうかを確認するために、より柔軟なアプローチを試す価値があると語った。

共同書簡は、日本政府に対し、今年の北朝鮮に関する人権理事会の決議を再び率いるように特に促しています。

「安倍首相が日本のJapanese致問題を本当に解決したいなら、彼は人権問題についての全体的な立場を強化する必要があり、和らげる必要はない」と土井は言った。 「日本政府の弱い立場は、人権侵害が結果なしに続くことができるということを平壌に知らせるだけです。」

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.