北岡一新日本大使による最初の訪問は、金曜日の夜にヴィーニの村で相撲に関わる地元住民との会談のためにレーネヴィル郡を訪れた、と地方新聞ヴィルマーテアタジャが報じた。

レセプションでは、リング名バルト・カイトによって相撲の世界で知られる引退したプロ相撲取りMPカイド・ヘーベルソン(センター)と、エストニア相撲連盟Riho Rannikmaaの事務局長MP Anti Poolamets(EKRE)が集まりました。 、ヴィンニ市政府の代表者、エストニアの相撲青少年チームのメンバーとコーチは、最近ハンガリーで開催された欧州青少年相撲選手権からいくつかのメダルで戻ってきました。

ヘーベルソンはまもなくエストニア相撲協会の会長になり、エストニア議会での日本との議会間関係のグループのリーダーでもあります。 Poolametsは同じグループのメンバーです。

新聞は、レセプションが象徴的な場所で行われたことを観察しました。それは、相撲の世界のトップランクへのフーベルソンの道が始まったヴィンニの同じスポーツホールであったためです。

大使は、ヴィーニにヘーベルソンからバトンを手に入れる若者がいるという希望を表明した。

「相撲は単なる日本のスポーツ以上のものです。相撲には独自のスポーツ精神があります。相撲に真剣に興味を持っている人は、相撲を通じて日本をよりよく学び、その国をよりよく理解するでしょう」と大使は言いました。ヴィルマーテアタジャ

ヘーベルソンは、日本大使の訪問を「シンボリック」と呼び、両国間のさらなる協力における最初の小さな、しかし非常に重要なステップであると述べました。

ホームとヘーベルソンに属するバルトレジャーファームが約0.5 km離れているPoolametsは、38人の住民の村を特別な村だと説明しました。

「エストニアで日本人が最も頻繁に訪れる村であるという点で特別です。私の妻が森に行くと、彼女は時々日本からの人々に出くわします」とPoolametsは言いました。

日本大使館とエストニアの相撲協会は、先週ヴィニパジャスティ学校で生徒向けの会議を開催し、日本のテレビ司会者である森田ヒロによる相撲の講義が行われました。

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.

Topics #北岡一