フォーミュラワンのボスは、スーパー台風ハギビスによって引き起こされる予想される荒廃に先立って鈴鹿を閉鎖したにもかかわらず、日本グランプリが予定通り進むことを期待しています。

ルイス・ハミルトンは日曜日の暴風雨にさらされたラウンドに向かい、次の2つのレース(ここと2週間のメキシコ)でバルテリ・ボッタスを5ポイント上回る必要があり、6番目の世界タイトルを獲得しました。

2019年の最も強力な台風が日本に大混乱をもたらすと脅迫しているため、サーキット当局者は、条件が良くなることが望まれる日曜日のレースの朝まで予選を延期することにしました。

ボッタスは金曜日の最終練習セッションでハミルトンを1/10クリアし、マックス・フェルスタッペンは3位、チャールズ・ルクレールは4位、セバスチャン・ベッテルは5位でした。土曜日の午前中に予選で走るには車があまりにも危険である場合、その順序がグリッドを決定します。台風によって引き起こされた破壊が、レースのステージングをまったく妨げる恐れがある。

3.6マイルのコースの洪水を防ぐために、何千もの土嚢がトラックに到着しました。パドックは強風で効果的に詰め込まれ、その地域を打破しました。

ハミルトンは、鈴鹿の北東250マイルの東京で休暇を過ごすつもりでしたが、すぐにその考えを放棄しました。日本の輸送システムは今朝、ロックダウンされる予定で、1,600の国内飛行機が接地され、列車の運行がキャンセルされました。

スポーツの運営団体であり、F1オーナーのLiberty Mediaは、24時間遅れて土曜日にコースが閉鎖されることを明らかにしました。

「FIAとF1は、観客、競技者、鈴鹿サーキットのすべての人の安全のためにこの決定を支持します」とF1とスポーツ連盟は共同声明で述べた。

日本でのレースは過去に悪天候に見舞われ、予選は日曜日の朝、2004年と2010年の2回行われました。

4年前、米国グランプリの予選は大雨のために1日延期されました。

「彼らがそれをしてくれてうれしい」とルイス・ハミルトンは語った。彼はメルセデスのチームメイトであるバルテリ・ボッタスに対して73ポイントのチャンピオンシップ・リードを持ち、130人が利用可能だった。

「フォーマットが変わるとクールです。2つの異なる考え方と2つの異なるリズムを入力する必要があります。異なるチャレンジなので、私はそれが好きです。

「雨が降るとここは激しいですが、雨の中で運転するのが大好きです。それは私には何の影響も与えません。非常に刺激的です。」

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.

Topics #台風ハギビス #日本グランプリ