日本は月に目を向けており、月の目標を前進させるための2つの新しいパートナーシップがあります。

国家はNASAのArtemisプログラムのパートナーとして署名しましたが、そのパートナーシップの詳細はまだ指定されていません。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の代表も昨日(10月22日)、ここで開催された国際宇宙会議で、別の月ミッションでのインドの宇宙機関との潜在的なパートナーシップについて話しました。

「私たちの使命を成功させることは容易ではありません」とJAXAの平沢亮はプレゼンテーションの中で述べました。 「我々はISROと一緒に行くことを決めた」と彼は付け加えた。 2つの宇宙機関は、このようなミッションの実現可能性に関するフェーズAの研究に着手しています。

しかし、今、このペアは2023年頃の打ち上げを目指します。日本はロケットとローバーを提供し、インドは着陸船を提供する一方で、平沢は言いました。ミッションは約6か月続き、月の南極付近の絶えず太陽に照らされた地域をターゲットにします。そこで、ミッションは水を調査し、JAXAがロケット燃料として氷を使用したい後のミッションに備えます。

特に、ローバーには月の岩の中に約5フィート(1.5メートル)に達するドリルが装備されています。掘削後、ローバーはその材料を加熱し、サンプルの質量の変化を測定することにより、岩石で見つかった揮発物を特定します。

会議に提出された完全な論文によると、平沢は、おもてなしと呼ばれるCubeSat着陸船にも触れました。JAXAはNASAの最初のアルテミスミッションで打ち上げを望んでいます。 2020年に飛行するCubeSatは、日本初の月着陸船となります。

おもてなしプロジェクトは、10月18日に日本の首相官邸がTwitterで発表したNASAとの協力の一部である可能性があります。また、火星やその他の目的地も目の前にあります」と大臣のオフィスは書いています。

「月の周りを回る宇宙ステーション」とは、NASAが計画しているゲートウェイのことです。ゲートウェイとは、科学実験や人間探検家のための道のステーションとして機能する月の周りの長期軌道にある操縦可能な宇宙船です。 (首相官邸のツイートに伴うアーティストの描写は、ゲートウェイにも言及しています。)

NASAは特にGatewayの国際的なパートナーを公然と募集しています。カナダは、国際宇宙ステーションのロボットアームの後継となるロボット操作アームであるCanadarm3の提供に署名しました。

平沢のプレゼンテーションを支持する論文では、彼と彼の共著者は、月での国際協力に関するJAXAのビジョンのグラフィックを含めました。ほんの一握りのコンポーネントに国のラベルが含まれるこの図では、JAXAは、宇宙飛行士をゲートウェイから月の表面まで運ぶ人間の着陸サービスのプロバイダーとしてリストされています。

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.

Topics #NASA