最近のソーシャルメディアの投稿は、東京でワールドカップが始まる前の日本のラグビー愛好家の間の気分を要約しました。 「RWCの旗は渋谷の街中にあります。アジアのラグビーの前会長であり、RWC 2019組織委員会のディレクターである徳su浩二氏は次のように書いています。

委員会とワールドラグビーは、釜石と大阪で行われた最近のテスト試合で主に食料の行列が関係するいくつかの物流上の問題にもかかわらず、すべての関係者にとって「一生に一度」の経験であり、すべてが順調に進んでいると確信していると述べていますそしてビール。 「ラグビーワールドカップの熱は、日本が世界を歓迎する準備を整えているので、国民を大いに吹き飛ばしています」と、ワールドラグビー議長のビルボーモントは、最近のパシフィックネイションズカップでのフィジー、トンガ、米国に対する日本の勝利に続いて語った。

しかし、今週末に到着し、歓迎式典に参加するチームのソーシャルメディアには多くの可視性がありますが、トーナメントがどれほど大きな影響を与えるかについてはまだ懸念があります。一部の人にとっては、日本で展示が始まるまであと1週間足らずで、アジアで開催される最初のトーナメントが長続きする効果を得るためには、まだ多くのことが必要です。

トーナメントの開始への旅は激動しており、来年の東京オリンピックで時々影を落とされました。キックオフの数週間前、東京でさえ、日本を襲うことを完全に理解していない人がまだたくさんいるようでした。 「本当にがっかりしました。私は東京都心の中学校で教えています」とある学校の先生は言いました。 「200人中2人または3人の学生が、ラグビーやワールドカップについてわずかな興味や知識を持っていました。

「ポスターなし、何もない。宣伝と小中学校への訪問があるはずです。オリンピックは長年にわたって毎日言及されてきましたが、来年まで開催されません。 2015年以降の勢いはなくなりました。それは私を困惑させ、激怒させます。」

公平を期すために、これらの生徒の多くは、おそらく日本ラグビーの伝説の大畑大sukeが朝のテレビでトーナメントを促進するセグメントに毎日登場するときにすでに学校にいます。そして、大畑は、ワールドカップを促進するために少しでも努力している多くの元インターナショナルの一人です。元日本キャプテンのHiro瀬敏明は、20チームが参加する国歌をファンに教えるために日本をツアーしており、プレーヤー、ファン、メディアのすべての訪問者が日本の「おもてなし」や歓迎を感じられるようにしています。 1999年と2003年のトーナメントで日本に出場した田沼は、8月に山梨学院大学の選手たちを富士山の頂上に導き、トーナメントに参加したチームのシャツを着ました。

もちろん、トーナメントの主催者は、1.8mのチケットのうち1.6mが販売され、トーナメントのボランティアプログラムの最初の10,000の場所に記録された38,000の記録で、すべてが正常であることを証明するために統計を指し示し、さらに3,000を撮影することを強制します「チームノーサイド」と呼ばれるものに移ります。

日本への経済的利益も疑問の余地はなく、最近の推計では、経済は約2,166億円(15億ポンド)恩恵を受けるとされています。

しかし、それでも、特に12の開催都市から離れて、疑問が提起されています。 50以上のトレーニング会場をホストしている都市と市町村は、セキュリティ上の理由で練習場所とスケジュールを公表​​することを禁止している規則を批判しています。トーナメント前のキャンプで南アフリカやオーストラリアなどのチームを目撃した大群衆は、妥協点に到達したことを示唆しているようです。
広告

一方、ウェールズは、トーナメント前のキャンプのホストである北九州で、他の都市にまで及ぶ審判とコーチングのコースで1年間、エンゲージメントプログラムを実施しています。チームの写真は地元のバスに登場しており、郵便バンや消防車にはウェールズの旗さえあります。

「チームがこれまで全国で受けた歓迎は驚くべきものでした。彼らはそのようなものを見たことがないと言っています。開催都市、ボランティア、一般市民から、誰もが熱心であり、彼らの完全なサポートを示しています。これは素晴らしいことです」とボーモントは言いました。

森義朗が日本ラグビーフットボール協会の名誉会長を辞任した5ヶ月前からの著しい変化でした。トーナメントとレガシープログラムの開発。

ほとんどの場合、ここで感じているのは、トーナメント自体が大成功になるということです。 「ウェッブエリスカップは日本にあります。開催都市は準備ができています。日本ラグビーワールドカップ2019組織委員会CEOの島津明は、次のように述べています。

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.

Topics #ラグビーワールドカップ2019