日本の統治者の上級メンバーは、東京2020オリンピックの主催者は、コロナウイルスの大流行のために、この夏のオリンピックが延期またはキャンセルされる可能性について計画する必要があると述べています。

国の次の指導者に任命された元防衛大臣である石場茂は、組織委員会の役員がオリンピックの延期を提案した翌日、オリンピックの運命に関する決定は国際オリンピック委員会[IOC]に委ねるべきだと述べた。 。

キャンセルはまだ「ありそうもない」と述べたが、石庭はあらゆる可能性に備えるよう日本政府に求めた。

「最悪のシナリオを考えなくても、それらが実現するリスクを排除することはできません」と石庭はロイターに語った。大会が延期または中止される場合、「政府は今何をすべきかを考え始めなければならない」と彼は付け加えた。

厚生省によれば、彼の警告は、日本のオリンピック関係者と上級政治家の間で亀裂が生じ、Covid-19の620件が記録され、12人が死亡したように見えたためでした。これらの数字は、先月日本の横浜港で検疫されたダイヤモンドプリンセスクルーズライナーに関連する700近い感染と7人の死亡を除外しています。

東京都知事の小池百合子氏は木曜日、7月24日に開幕するために大会をキャンセルすることは「考えられない」と述べたが、世界流行機構がパンデミックを宣言するという世界保健機関の決定がイベントに何らかの影響を与えると付け加えた。

「パンデミックの発表が影響を与えるとは言えませんが、キャンセルは考えられないことだと思います」と小池は記者団に、パンデミックの分類が大会に与える影響を説明せずに語った。

水曜日、オリンピック組織委員会の執行委員会のメンバーである高橋晴之氏は、新聞のインタビューで、ウイルスによって開催が不可能になった場合、1、2年だけ大会を延期することが「最も実行可能な」選択肢である可能性があると示唆したとき、同僚を怒らせた。今年の夏に。

組織委員会の森芳朗は、高橋の発言をすぐに「とんでもない」ものとして却下し、大会が予定どおりに進むと付け加えた。

高橋氏はコメントについて謝罪したと伝えられたが、東京2020オーガナイザーによって以前に却下された5月までに将来の決定を下す必要があると彼が言ったとき、再び大会の大きな混乱の可能性を提起した。

森が公然と非難した後にTBSネットワークに話しかけた高橋は、「選手について考えると、5月は遅すぎるように思えます(遅れを決定するには)。 IOCの前に、最初の一歩を踏み出すことを考える必要があります。」

高橋氏は、組織委員会はおそらく今月末の次の会議で延期について議論するだろうと述べた、とTBSは報じた。

コロナウイルスの発生により、すでに準備が中断されています。ギリシャのオリンピアで行われる伝統的な炎の点火式は、観客なしで開催される予定であり、3月20日にトーチが日本に到着したことを記念するイベントは縮小されます。

いくつかの異なるスポーツでのオリンピック予選トーナメントも、アウトブレイクのためにキャンセル、延期、または異なる国に移動されました。

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.