中でも重要なのは、ごみがほとんどないのに、見ずにポケットにワサビ風味のキットカット(はい、存在します;はい、音よりもおいしい)のラッパーで何マイルも歩くことができるという事実ですビン。迷宮の脱出­新宿駅は、頭を動かすのに最も簡単なことでもありません。

まあ、日本は最後まで混乱させたラグビーワールドカップを私たちに与えました。多くの動揺がありました。ウルグアイはフィジーを打ち負かし、日本はアイルランドを破った。ホストがスコットランドを破った頃には、それは全く動揺とは見なされていませんでした。ノックアウトの段階で、イングランドはニュージーランドを破ってお気に入りになりましたが、スプリングボックに誰も話をしませんでした。南アフリカがワールドカップで優勝した最初のチームになったのは、試合に負けたため、フィールドは均等に一致したということです。

結局のところ、Springboksは素晴らしいチャンピオンです。ビルドアップの物語は、南アフリカがスティルトラグビーをプレーし、­イングランドの勝利がゲームに良いだろうということでした。南アフリカが決勝戦でより大きな野心を持ってプレーしただけでなく、最も賞賛に値する精神と想像可能な結束でそれを行ったとき、それはナンセンスであることが証明されました。

World Rugbyは、扱いにくい、計り知れない操作になる場合がありますが、トーナメントをここに持ち込んだことは大きな功績です。他のスポーツには、そのような賢明で賢明なゲームの管理に留意できる管理者がいます。 2027年にアメリカにワールドカップを開催することは、遠ざかるにはあまりにも良い機会のようです。

日本チームと国はトーナメントですべてを投げました、そして、最後に、ラグビーにはもう一つの大きな力があります。全国が準々決勝に進出し、最後まで走り続けました。美しい赤と白のストライプシャツは数週間売り切れ、トーナメントの非公式ユニフォームになりました。堀江翔太から姫野一樹、マイケル・レイチ(下)、ピーター・ラブシャンまで、彼らは最高の国家を獲得したチームであり、おそらくそれが日本人であることの意味を再定義した。

ここで楽しみが続きます。来年の夏、イングランドは大分と神戸でツアーをしますが、彼らが日本を軽んじることはできないと知っています。すべてのチームは、日本が過小評価できないチームであることを知っています。

このトーナメントを数年後に思い出すと、台風に耐えるのに十分な強さのトーナメントになるでしょう。 10月12日は、日本のコミュニティを荒廃させた恐ろしい日であり、その中にいることは、スポーツがいかに厄介であるかを理解することでした。しかし、日本はほこりを払い、義務感が広大で、忘れられない機会にスコットランドを打ち負かしました。 1日だけでなく、1週間プレーするのは驚くべきことでした。その後のすべてのゲームで1分間沈黙すると、すべてがバラ色ではなかったことを痛烈に思い出させます。

もちろん、次回に対処する必要があるバグがあります。銅メダルの試合は整理する必要があります。それは2人の重要なコーチと一連のチャンピオン選手にとって素晴らしい別れの役目を果たしましたが、選手の福祉の観点からはばかげています。

金曜の夜の準々決勝や準決勝はどうですか?これにより、南アフリカが土曜日に行わなければならなかったように、チームは1週間以内にトーナメントの最大の試合に出場しなかったことが保証されます。テレビ会社とその視聴者もそれを気に入っています。

しかし、これは特別なワールドカップであり、隅々に驚きがありました。

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.

Topics #ラグビーワールドカップ