日本の有料テレビリーダーのWowowは、劇場公開に進出する予定です。同社は今週、ベルリン映画祭に付随する欧州映画市場で劇場購入デビューを果たしました。

リニアチャンネルと映画主導のオンデマンドサービスを備えたWowowは、すでに日本における映画コンテンツの主要な消費者の1つであり、280万人の加入者を誇ります。これらは、既存の出力取引と安定した買収の流れによって供給されます。

「劇場への拡大は収益の多様化です」と今週ベルリンにいたWash尾佳代は、上映とインディーズ販売代理店とのミーティングで構成されるスケジュールで語った。 Wowowのロサンゼルスオフィスの責任者兼チーフプロデューサーであるワシオは、米国からの買収努力を主導します。

彼女は、会社が取得する獲得タイトルの年間割当量を持たず、活動が強化されると言いました。初期段階では、会社は地元の販売業者にリリースすることを契約し、その量に応じて社内業務に移行することがあります。

Wash尾は、幅広いジャンルのタイトルを探しているが、主にWowowの既存の女性を対象とする視聴者層に適合するタイトルを探していると語った。アニメーションがそのミックスの一部になることはほとんどありません。

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.

Topics #Wowow