同社のCEOによると、ミラロボティクスは、縮小する日本の労働力を強化するために「ugo」ロボットを開発しました。

松井健氏はロイター通信に対し、東京近郊の川崎にある彼の会社のワークショップで、「コロナウイルスはロボットの必要性を生み出した」と語った。 「シンガポールやフランスなど、海外から問い合わせがありました。」

リモコンまたはいわゆるアバターロボットの最新の機能は、ドアハンドルのウイルスを殺すために紫外線を使用するハンドアタッチメントです。

日本の労働力を年間50万人以上削減している空前の人口減少、および空席を埋めるために外国人労働者を雇うことに消極的であることが、日本でのロボット開発に拍車をかけました。

コロナウイルス関連の需要の出現は、さらにその働きをする可能性があります。

Mira RoboticsのUgoは、ホイールに取り付けられた高さ調整可能なロボットアームのペアで、ラップトップおよびゲームコントローラとのワイヤレス接続を介してリモートで操作されます。ベースに取り付けられた距離測定レーザーがナビゲートを支援し、上部のパネルは目を表示してより親しみやすい外観にします。

松井氏によると、ロボットの使い方を習得するには約30分かかり、各オペレーターは最大4台の機械を制御できます。レンタルに月に約1,000ドルかかるUgoは、警備員として配備され、機器の検査を実施し、オフィスビルのトイレやその他の場所を掃除することができると彼は付け加えました。

これまでの松井の2歳のスタートアップは、東京のオフィスビルで稼働しているugoが1つだけです。

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.