ハリウッド映画は、合計24億ドルのうち11億ドルをもたらし、2004年以来最高を見せており、ディズニーがこのパックをリードしています。日本の輸出収入も記録を更新し、15%増の3億2,800万ドルでした。
日本の興行収入は、2019年に17%を超えて記録的な23億9000万ドル(2,610億円)に達しました。

人口の減少とストリーミングプラットフォームの増加にもかかわらず、映画の強力なラインナップ、若年層の賃金上昇、失業率の低さ、政府の仕事の改革による余暇の増加などがすべて、興行収入の増加に寄与しました。

ハリウッドのシェアはわずかに上昇して45.6%になり、2007年以来の最高の割合でした。輸入品は18.4%増加し、2004年以来の10億9,000万ドル(1,190億円)となりました。

ディズニーにとっては大きな年であり、Frosen 2が1億1,700万ドル、Aladdinが1億1,100万ドル、Toy Story 4が92.5百万ドル、Lion Kingが日本に6300万ドルをもたらし、4つのトップグロスインポートをリリースしました。 Frozen 2はまだ劇場にあり、先週末の興行収入チャートで1位から3位に落ちています。ボヘミアン・ラプソディは2019年に1億2100万ドルの大部分を占めましたが、2018年11月にリリースされたため、その年の数字に含まれていました。

新海誠の「Weathering With You」は日本で今年最大のヒットであり、監督のフォローアップであるスマッシュヒット「Your Name」は1億2900万ドルを獲得しました。

日本映画の輸出は6年連続で記録的な収益を記録し、15%増の3億2,800万ドルを記録しました。チケットの平均価格は2%未満の高さで12.30ドル(1,340円)でしたが、スクリーンの数は3,583枚に達しました。日本で2019年に公開された映画の数は、2018年の1,192から増加して1,278に達しました。

また、この数字は、中国の台頭に必然的に焦点を当てたとしても、日本は依然としてハリウッドにとって10億ドルの市場であるという事実を強調しています。

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.