最近オンラインで発表された論文によると、日本の研究者のチームは、新しいコロナウイルスの研究やCOVID-19の薬の開発に使用できるヒト細胞から、ミニチュア気管支(空気を肺に導く通路)を作成することに成功しました。

京都大学iPS細胞研究センター(CiRA)の研究者や他の組織は、市販の凍結保存されたヒト気管支上皮細胞から直径0.2ミリメートルの気管支オルガノイドを作成しました。栽培には約10日かかります。

次に、オルガノイドを肺炎を引き起こすウイルスに感染させ、5月26日にオンラインで掲載された論文によると、膵炎の治療によく使用される薬物であるカモスタットをテストしました。

ミニチュア臓器が単一細胞よりも抗ウイルス薬の有効性を評価するためのより良いモデルとして役立つことが期待されています。

チームが作成したミニチュア気管支には、4種類の細胞とCOVID-19の受容体が含まれています。チームは現在、富士フイルムホールディングスの化学部門によって開発された抗インフルエンザ薬アビガン(別名ファビピラビル)を含む他の薬の有効性をテストしていると述べました。

「薬(COVID-19用)の開発は急務なので、iPS細胞を使わずに簡単で時間がかからない方法を選びました」とCiRAの研究者でチームのメンバーである高山和夫は言った。 「この研究を利用した創薬を期待している」

彼は、あらゆる種類の細胞に成長できる人工多能性幹細胞に言及しました。

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.

Topics #COVID-19