日本の安倍Shin三首相は、火曜日に中東情勢について懸念を表明し、イランに「豊かな歴史に由来する知恵に基づいて」行動を起こすよう促した。

国連総会での演説で、安倍首相は9月15日のサウジ石油施設への攻撃を「国際経済秩序の人質を保持する極めて軽empt的な犯罪」と呼びました。

しかし、彼は、日本が誰が攻撃の背後にあると考えたのかを特定しなかった。これは、ワシントン州リヤドとEUの主要勢力がイランを非難した。日本は伝統的にイランと友好関係を結んでおり、安倍はテヘランと東京の最も近い同盟国であるワシントンとの間の緊張を和らげようとしている。

「豊かな歴史に由来する知恵に基づいた行動をとる主要な力としてイランを呼び出すことは、私自身の不変の役割です」と安倍首相は、日本が中東情勢に関する懸念を共有していると述べた。

安倍首相は、イランのハッサン・ロウハニ大統領とその日の初めに会った。

安倍首相はまた、ドナルド・トランプ米大統領の北朝鮮へのアプローチを支持したと述べた。

「両国の指導者が率直に話し合い、将来の明るい未来を見ながら目の前の問題を解決しようとするアプローチは、北朝鮮を取り巻く力学を変えた」と彼は述べた。彼は、北朝鮮の指導者キム・ジョンウンに「条件を付けずに」会いたいと繰り返した。

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.

Topics #国連総会 #安倍Shin三