日本の公共放送局であるNHKは、金曜日の早い時期に北朝鮮が北海道最北の島沖の海に上陸したミサイルを発射したと誤って報告しました。

NHKは、ウェブサイトとニュースアプリで午前12時22分にニュースフラッシュを実行しましたが、日経日報によると、約20分後にエラーを修正しました。

放送局は間違いを謝罪し、「訓練目的」を意図していたと言った。

元の報告書は、ミサイルが北海道の東約2,000kmの海に着陸したと述べた。

北朝鮮は2017年にミサイルを島に送り、太平洋のグアム島で米軍の標的を攻撃する能力を実証しました。

その年の8月と9月に2回の打ち上げが行われ、北日本の何百万人もの住民に頑丈な建物や地下を隠蔽するよう促す警告が発せられました。

金曜日の誤ったオンライン速報は、朝鮮半島の緊張が高まった時期に起こります。北朝鮮の年末締め切りは、米国が行き詰まった非核化協議を復活させるために譲歩するためです。

北朝鮮の米国特使、スティーブン・ビーガンは締め切りを却下したが、ワシントンは今月初めに韓国を訪問中にいつでも交渉を再開する準備ができていると述べた。

北朝鮮が大陸軍の弾道ミサイルを試験する準備をしているという憶測は、外務省が最近ワシントンが行う譲歩に応じて「クリスマスの贈り物」を米国に送ると警告した後に上昇した。

しかし、クリスマスの日の政権による他のテストのミサイルの報告はありませんでした。

NHKは、北朝鮮がミサイルを発射したというJアラート警告を誤って送信した後、2018年1月に謝罪を余儀なくされました。

この誤りは、内閣官房長の菅義秀からの非難を招いた。 「J-アラートは、日本人の安全とセキュリティに影響を与える非常に重要な情報を提供します。菅は、NHKに再発防止のために最大限の努力をしてほしいと考えています。

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.

Topics #NHK