財務省のデータによると、4月から6月の企業利益は、米国と中国の間の貿易緊張の高まりが犠牲になったため、前年から12.0%減少した。

それでも、税引前利益の23.23兆円(218.83十億ドル)の集計は、記録上2番目に高く、1月から3月にかけて10.3%の跳躍を記録しました。

工場の建設、機器やソフトウェアの追加などのタスクに対するメーカーの設備投資は、8四半期ぶりに6.9%減少して3.62兆円になりました。

通信機器と電子機械メーカーは、世界の2大経済国間の貿易摩擦の中で、自動車やスマートフォンの部品などの海外需要が減少する中で、業績の低迷に貢献しました。

一方、すべての非金融セクターによる投資は、前四半期に6.1%増加した後、11四半期連続で1.9%増加して10兆8,700億円になりました。

四半期ベースで、季節調整済みの設備投資は1.5%増加しました。

売上高は0.4パーセント増の345.91兆円で、サービスおよび不動産セクターの利益に支えられて、第11四半期に向けて増加しました。

内閣府は、最新の設備投資額を考慮して、9月9日に第2四半期の国内総生産データの改訂版を発表する予定です。

予備的なGDPデータは、堅実な消費者支出と設備投資に支えられて、世界第3位の経済が4〜6月期に年率1.8%で成長したことを示しています。

記者団に説明した省庁関係者は、最新の企業調査の結果は、経済が緩やかなペースで回復しているという州の公式見解を反映していると述べた。

農林中金研究所のチーフエコノミストである南武は、消費税が8%から10%に上昇する10月以降、企業の投資意欲が強まる可能性があると警告しました。

「消費税増税の影響は、非製造業者の間で急速に広がる可能性があります」と南は述べています。

財務省は、資本金1,000万円以上の32,107社を調査し、22,729(70.8%)が回答した。

2018年度から3月にかけて、設備投資は8.1パーセント増加して49.13兆円になりました。税引前利益は83兆92億円とわずか0.4%増、売上高は1.535兆円と0.6%減少しました。

国内企業の利益剰余金は、前年比3.7%増の463.13兆円となり、7年連続で過去最高を記録しました。

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.