日本のトップコスプレイヤーから最も人気のあるアニメタイトルまで、今年のC3アニメフェスティバルアジアシンガポールは、アニメ業界のトップタレントのラインナップを特集します。

毎年恒例の自家製フェスティバルは、日本のポップカルチャーイベントマーケティング代理店Sozoによって2008年に初めて開催され、現在では東南アジアで最大の規模とされ、2018年の10周年に向けて105,000人以上のファンと参加者が集まりました。

11月29日から12月1日まで、サンテックシンガポールコンベンションアンドエキシビションセンターに戻ります。

フェスティバルに登場するのは、日本のトップコスプレイヤーであるエニコで、ファンとの懇談会を開催します。彼女には、バオジ&ハナ、ハッケン、シンガポールのコスプレイヤーRitheなどの他の人気コスプレイヤーが参加します。

フェスティバルの訪問者は、フレームアームズガールムービーの東南アジア初上映や、人気の人型猫ゲームネコパラの最初のアニメエピソードを見ることができます。

今年のI Loves Anisongコンサートは、人気アニメのタイトルで使用されているアーティストをフィーチャーしており、12月1日に4人のアーティスト(大橋綾香、田所あずさ、メイン、Chi原みのり)の特別なコラボレーションパフォーマンスを紹介します

フェスティバルのもう1つのハイライトは、新しいAFAプレイゾーンです。ここでは、ファンがテーマのエスケープルームでアニメNARUTO-ナルト-(2002〜2007)の象徴的な忍者選択試験に挑戦できます。

フェスティバルへの訪問者は、さまざまな国の意欲的なイラストレーターが、地域のアートデュエルコンペティションでお互いの創造性とスキルを競い合うのを見ることができます。

スポットライトは、アニメ愛好家と舞台裏の経験を共有する、最高の声優(声優)、作曲家、およびその他のアニメ業界の専門家にも当てはまります。

ファンは、Fate / Grand Orderの鶴岡oka、Zombie Land Sagaの田野麻美など、お気に入りのアニメキャラクターの声を直接聞くことができ、有名なアニメプロデューサーからの洞察を収集します。

そして、海外で初めて、ヒットシリーズYuri On Ice(2016)の背後にあるアニメーションスタジオであるMappaが、最も人気のあるタイトルのシーンを特集した限定の舞台裏ギャラリーを紹介します。

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.

Topics #C3アニメフェスティバルアジアシンガポール