日本の政府と自動車産業は、国内の自動車事業に対するコロナウイルスの影響に対抗するための新しいタスクフォースを設立しています。

日本の経済産業省は、木曜日の声明で、「新しいコロナウイルス対策自動車評議会」の当面の優先事項は、情報の共有と状況の理解、ならびに対策の研究であると述べた。

「自動車メーカー、部品メーカー、および政府は、将来の自動車サプライチェーンへの新しいコロナウイルスの影響の可能性に備えて対策を講じることができるように、業界に関する情報に迅速に対応するために協力しています。 」と政府は言った。

発表によれば、グループには自動車メーカー、サプライヤー、政府関係者が含まれる。

コロナウイルスは、自動車産業に広範な影響を及ぼしてきました。最も顕著なのは、日本のメーカーを含む中国の自動車工場の休業日を延長したことです。再開しようとしている植物もあれば、ウイルスにより閉鎖されたままになっている植物もあり、ウイルスは2,130人の死者を含む75,700人を超えるまでに成長しました。

病気の震源地であると考えられる武漢を含む中国の湖北省は、コロナウイルスのため、3月11日までに仕事を再開しないよう企業に求めています。

日産自動車は、日本からの部品供給不足により、2月14日と2月17日に日本での事業の一部を閉鎖せざるを得ませんでした。

トヨタ自動車とホンダ自動車の日本での事業は、今週初めの供給不足の影響を受けていませんでした。木曜日のトヨタのスポークスマンは、日本の自動車メーカーの事業が影響を受けていないことを確認した。彼はタスクフォースについてコメントすることを拒否した。

ホンダと日産の広報担当者は、オペレーションや新しい自動タスクフォースの変更に関するコメントのリクエストにすぐに対応しませんでした。

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.