教皇フランシスは、2019年11月19日から26日まで、タイと日本への32回目の教皇の旅を捧げています。 教皇聖ヨハネパウロ2世は38年前、タイは35年前に訪れました。

教皇フランシスコの次の使徒訪問は、2014年の韓国、翌年のスリランカとフィリピン、そして2017年のミャンマーとバングラデシュに続き、アジアへの4回目の訪問となります。

タイと日本の土壌に足を踏み入れた最初と最後の教皇は、35年以上前の教皇聖ヨハネ・パウロ2世でした。

日本

セントジョンポール2世の9回目の海外訪問は、1981年2月にアラスカのパキスタン、フィリピン、グアム、アンカレッジに行った11日間の旅行でした。

当時61歳だった教皇は、1981年2月23日から26日まで3日間日本に捧げ、その間に約18の談話を行いました。 彼の婚約には、宗教、聖職者、司教、キリスト教徒教会の代表者、外交団、若者との会合がありました。

広島・長崎

旅行のハイライトは、1945年8月6日と9日にそれぞれアメリカによる2つの核爆弾によって破壊された広島と長崎の都市への訪問であり、日本の降伏と第二次世界大戦の終結を引き起こしました。

「戦争は人間の仕事です。 戦争は人間の命の破壊です。 戦争は死です。」 1981年2月25日に広島の平和記念碑を訪れたときに、聖ヨハネパウロ2世が預言的な声で反響しました。

「この広島の平和記念館ほど、これらの真実がどこにも力を発揮することはありません」と彼は2つの都市について言及し、「人間はどのように信じられないほどの破壊ができるか」を思い出させたと付け加えた。 「彼らの名前は、戦争が平和の世界を創造する人間の努力を破壊する方法について将来の世代に警告するために選ばれた私たちの時代の唯一の都市の名前として常に際立っています。」

翌日、2月26日、彼は長崎を訪れ、ヒルオブマーシー病院で核爆発の生存者に会いました。

「あなたが苦しんでいることは、地球上のすべての人間の心にも傷を負わせた」と彼は犠牲者に語った。 「ここでのあなたの人生は、善意のすべての男性に向けられる最も説得力のある魅力であり、戦争と平和に対する最も説得力のある魅力です。」

Mar教者

長崎では、聖ヨハネ・パウロ二世は、1597年に信仰のために殺されたキリスト教徒を記念して建てられた西坂の丘にある二十六人のty教者博物館と記念碑を訪れたとき、日本のカトリック教徒の信仰に敬意を表しました。

イエズス会は、ロヨラの聖イグナチオと共にイエス協会の創設メンバーの一人である聖フランシス・ザビエルの宣教活動を通して、日本にキリスト教の種を植える責任がありました。ザビエルとイエズス会士は1549年に上陸し、いくつかのイエズス会共同体を設立しました。主にポルトガル人のイエズス会の着実な流れは、1570年代を通じて国に到着し続けました。

教皇フランシスは若いイエズス会として、国で宣教師として働くことを夢見ていましたが、10代のときに重篤な感染症のために肺の一部が除去された後、健康上の理由で実現できませんでした。

フランシスコ教皇の日本訪問のスケジュールはまだ計画中です。彼は前任者の足跡をたどり、広島と長崎を訪れ、日本のmar教者たちに敬意を表するでしょう。

彼の日本訪問のテーマは「命を守る」であり、それは生命と創造の世話に焦点を当てています。このテーマは、核の脅威が非常に明白である日本に特に関連しています。

タイ

聖ヨハネパウロ2世は、1984年に21回目の使徒訪問中にタイを初めて訪れました。これにより、彼は、アラスカ、韓国、パプアニューギニア、ソロモン諸島のフェアバンクスにも行きました。

タイでは、彼は5つの談話を行い、難民キャンプを訪問し、聖職者、宗教、信徒、政府当局、外交団および国の司教たちに会いました。

350周年

教皇フランシスは、タイの旧サイアムを訪問し、「サイアム伝道使徒1669- 2019年の350周年」を祝います。そして、テーマは「キリストの弟子、宣教師の弟子」です。

サイアムの使徒的代位の設立は、国の地元教会の始まりを正式にマークしました。過去350年間、今日では約30万人のカトリック教徒を擁する11の司教区に成長しています。

「あなたが愛する国で連帯、友愛、善、真理、正義への欲望を育てることによって、あなたが神聖に成長し、キリストの王国の広がりで働き続けることを祈ります。」教皇フランシスは5月18日に350周年を迎えたタイ。

そして、訪問のテーマが示唆するように、彼は11月にタイにいるとき、彼はキリストの宣教師の弟子の道で、国の圧倒的に仏教徒の人口の1%強を構成するタイのカトリック教徒を奨励します。

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.

Topics #ジョンポールII #教皇フランシス