安倍Shin三首相は、米国がイランの軍司令官の一人を殺害したことで地域の緊張が爆発したとしても、自衛隊を中東に配備して船の安全を確保する計画を繰り返しました。 。

月曜日にテレビ放映された記者会見で、安倍首相は緊張を和らげ、さらなるエスカレーションを避けるために関係国に外交的な努力をするよう呼びかけた。

「中東では緊張が高まっており、私は深く心配しています。これ以上のエスカレーションは避けるべきであり、緊張を和らげるためのすべての外交努力を尽くすよう関係者全員に呼びかける」と安倍首相は伊勢の記者団に語った。

「情報収集を強化し、日本関連船舶の安全な航行を確保するために、自衛隊をこの地域に派遣する予定です」と安倍首相は、緊張の最近の再燃に先立って先月発表された計画を繰り返した。

米国は先週、バグダッド空港でのコンボイの無人機攻撃でイランの軍司令官カッセム・ソレイマニを殺しました。これは、ワシントンとテヘランの間の長期にわたる敵対行為を未知の領土に奪い、中東でのより広い紛争の幽霊を上げた攻撃です。

日本政府は先月下旬、中東に軍用機およびpa戒機を派遣し、そこから原油輸入のほぼ90%を調達すると発表しました。

イランとの友好関係を維持している米国の同盟国である日本は、この地域の海運を保護するための米国主導のミッションに参加するのではなく、操業を開始することを選択しました。

日本の国防省の関係者は、政府は1月中にパトロール機の運用を開始することを目指しているが、駆逐艦は2月にこの地域で活動を開始する可能性が高いと述べた。

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.