安倍Shin三首相は月曜日、東京が今月イランのハッサン・ロウハニ大統領の訪日について話し合っていると述べた。これは米国とのイランの核の行き詰まりを解決しようとする試みである。

彼はまた、日本は中東の平和を促進するためにあらゆる努力をしたいと言った。

日本は米国とイランとの友好関係を維持し、1979年のイランのイスラム革命後の外交関係を打ち破った両国間の緊張を緩和しようとしました。

共同通信社は先週、外交筋を引用して、イランが訪問を提案し、その提案がイランのアバク・アラッキ外務副大臣による2日間の日本訪問中に中継されたと報告した。

安倍首相は、日本は中東の平和を促進するためにあらゆる努力をするが、日本の船員を日本に護衛するために日本の船員をこの地域に送る決定がいつあるかを特定しなかったと述べた。

「それらの努力の一つとして、私たちは現在、ローハニ大統領の日本への訪問について話し合っています」と彼は付け加えました。

安倍首相は詳細を明らかにしなかったが、地元メディアは、訪問が12月20日または21日に行われる可能性があると報告した。

日経産業は、先週、政府が海上自衛隊の護衛艦とpa戒機を1年に1年、毎年更新できるように配備することを提案すると発表した。日経によると、年末までに計画を完成させる予定だという。

安倍首相は7月にイランを訪問し、ルーハニとイランの最高指導者アヤトラアリハメネイに会いました。その間、ハメネイは核兵器を製造または使用する意図がないというイランの姿勢を繰り返しました。

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.

Topics #安倍Shin三