南部の深センの中国都市は、地下鉄システムへの入り口として顔認識システムを立ち上げ、この技術を採用している全国の他の多くのセンターに参加しています。

60歳以上の人は、いくつかの地下鉄の入り口に無料で入場するためにシステムに登録することができる、と国営通信社の新華は日曜日に報じた。

この技術は地下鉄事業者とインターネット大手のテンセントによって開発されており、軍の退役軍人を含むコミュニティの他のセクションへの無料入場を可能にするために徐々に拡張されます。

現在のところ、サービスはライン11の18駅でのみ利用可能で、28台の自動ゲート機と60台のセルフサービスチケットプロセッサが関与しています。

市はまた、地下鉄の顔認識支払い技術の実験を行っており、3月に福田駅にテストチケットシステムが設置されました。

現金を使用したり、携帯電話でQRコードをスキャンしてチケットの代金を支払う代わりに、通勤者は顔をスキャンし、登録済みアカウントから運賃を差し引くことができます。

同様の技術は、山東省東部の済南を含む他の都市でも運用されており、4月以降システムが稼働しています。

中国メディアの報道によると、約500人の通勤者が顔認識技術を使用して、済南で毎日チケットの代金を支払います。

中国南部の広東省の広州では、9月10日の実験として、2つの地下鉄駅に機械が設置されました。

全国レベルの非中国情報産業貿易協会に所属する機関が先月発表したレポートによると、上海、青島、南京、南寧を含む約10の都市が実験的にシステムを使用しています。利益組織。

このような支払いサービスの使用は、顔認識やその他の形態の人工知能に基づいた技術を日常生活に統合しようとする同国のもう1つのステップです。

中国メディアの報道によると、AIはポップコンサートなどのイベントで群衆をスキャンするために使用されており、警察が多くの指名手配容疑者を見つけて逮捕するのに役立ちました。

しかし、人々のデータのセキュリティについては一般の懸念があります。

1月に発行された中国決済清算協会によるモバイル決済に関するレポートでは、2018年に調査した回答者の85%が、支払いに生体認証システムを使用する意向を示し、2017年からわずかに増加しました。しかし、回答者の73.8%個人データの漏洩を心配していましたが、前年の84.8%から減少しました。

他の国々も顔認識システムを展開しています。インドは世界最大級のものの建設を目指していると伝えられています。

インドの首相ナレンドラ・モディの政府は来月、入札を開始し、全国の監視カメラで撮影した顔認識データを集中化するシステムを構築します。

ブルームバーグは、インドの警察が犯罪者、行方不明者、死体を特定するのを支援するために、パスポートから指紋までのすべての記録を含むデータベースとリンクします。

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.

Topics #人工知能 #深センの中国都市 #顔認識技術