伝説的なロックバンドのキスは、現在、彼らの最後のツアーとして予定されているEnd of the Roadワールドツアーの日本レッグを進んでいます。そして、キス軍の日本の連隊は、彼らの電気ショーをもう一度見に大勢で現れました。

東京ドームでの12月11日のコンサートで、Kissは「デトロイトロックシティ」や「I Was Made For Lovin ‘You」などのヒット曲を何度も演奏し、日本を象徴する歌「Black Diamond」で幕を閉じました。 1994年のトリビュートアルバム「Kiss My Ass」でX JapanドラマーのYoshikiがカバー。

しかし、歌が終わってキスがステージを去ったとき、聴衆は彼らがアンコールとして何のためにいるのか分かりませんでした。ポール・スタンレーは後に舞台に現れ、「今日は私たちにとって非常に特別な日です。私たちは親友であり、日本を代表するロックスターのヨシキと遊ぶつもりです!」

吉木がピアノの席に着いて、ボーカルでエリック・シンガーとキスの最も有名なバラード「ベス」の共同演出のために群衆は自然に爆発しました。

それに続いて、吉木はドラムのシンガーを置き換えて、キスのパーティーアンセム「ロックアンドロールオールナイト」でショーを終了しました。

吉木は、特に彼が若いときに父親を失った後、うつ病に苦しんでいたので、しばしばキスを影響と信じてきました。彼らの音楽を通して、彼は音楽を通して彼自身の否定性を導く方法を学び、それを克服し、その結果、若いヨシキはクラシックピアノとドラムを取り上げました。

キスが遠い国の若い男の子のロックの扉を開いてから何年もたった今、彼は彼らの最後のワールドツアーで彼らと一緒に演奏することで彼らに返済することができました。

交換用のキャットマンは手に入らなくても、12月17日に大阪の京セラドームでキスショーに参加する予定の人は、ヨシキも立ち寄る予定なので、大いに楽しみにしています。

そのショーのチケットはまだ入手可能であるため、YoshikiとKissのファンは、再び開催される2つのロックジャイアントのこの記念碑的に不浄な連合に参加することを検討すべきです。

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.

Topics #よしき