金曜日に発表されたGDPの数字によると、中国の経済は2019年に6.1%成長しました。これは期待に沿ったものですが、30年近くで最も低い成長率でもあります。

国はまた、GDPが第4四半期に6%増加したと報告しました。世界で2番目に大きい経済は、債務の増加、内需の冷え込み、米国との貿易戦争からの脱落と闘っています。
中国政府は2019年に6%から6.5%の範囲の成長を目標としていました。しかし、当局者は金曜日の発表に入りましたが、1つの大きな問題が背後にあります。これにより、少なくとも短期的には緊張が緩和されるはずです。

中国の当局者は、すでに数字をプラスとして回しています。今週ワシントンで貿易協定に調印した副首相は、水曜日に記者団に、経済について楽観的であり、2020年には経済がうまくいくと期待していると語った。革新によって。

中国は金曜日のGDPの全体的な数値について話しているだけではありません。国はまた、他の統計の中でも特に、小売売上高、工業生産高、生産能力、インフラストラクチャーへの設備投資に関するデータを発表しました。
投資家とエコノミストは、今週の最初の貿易取引の後に米中関係がどのように発展するかを示す証拠を求めて、これらの数字に注目するかもしれません。
多くの中国製品に対する米国の関税は引き続き有効であり、ワシントンは、両者が合意の次の段階を交渉する際にそれらがレバレッジの形態のままであることを明確にした。
北京はまた、取引の一環として、数千億ドル相当の製品を米国から購入することに同意しています。しかし、中国がその約束を完全に果たすことができるかどうかには疑問があります。
シティ、ノムラ、インベスコのアナリストは全員、中国がこれらの輸入目標を達成することは難しいと述べました。

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.