中国は、本当のアイデンティティをデジタル世界に結びつけることをこれまでになく決意しています。 12月1日の時点で、新しい携帯電話または携帯電話のデータ契約を申し込む場合は、国民IDカードを提示するだけでなく、その身元を確認するために顔スキャンを行う必要があります。表面上は詐欺を減らすことを意味しますが、匿名で電話サービスを使用する能力も低下します-中国政府が反対者を黙らせるのははるかに簡単になります。

それ以外にもプライバシーの問題があります。中国は、少数民族の追跡と抑制に顔認識を使用することで知られています。また、国のブラックリストに載っている旅行者や車を見つけるために、事実上すべての人に対してそれを使用しています。中国が検証プロセス後に顔スキャンを取り除くかどうかは不明であり、潜在的にミックスに機密データが追加される可能性があります。スキャンがすぐに監視に役立つかどうかにかかわらず、それらは写真が詐欺を犯すのを手伝いたいハッカーの主要な標的を表すかもしれません。

ソーシャルネットワーク上であれ、それを義務化しようとする企業に対する訴訟であれ、中国での広範な顔認識に反対している証拠があります。大学でさえ、学生の出席を監視するために顔認識をテストした後、政府でさえ物事を調整すると約束しました。しかし、中国政府が政治的反対を抑圧するのに役立つ顔面スキャンを引き下げることは疑わしい。

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.

Topics #スマートフォン