日中両国は、金曜日に協力して、二国間協力でコロナウイルスの発生と戦い、海上の領土紛争をめぐる歴史的な摩擦を相殺することに合意した。

中国の武漢の中心都市で発生したインフルエンザ様疾患は、78,800人以上を感染させ、中国本土で2,800人近くを殺し、日本を含む50か国以上に広がっています。

「中国と日本は、新しいコロナウイルス感染に対処するのに非常に苦労しています。日本の安倍Shin三首相は、東京で開かれた会議で中国の外交官ヤン・ジーチに語った。

彼のコメントは、日本が中国政府の支援を受けてチャーター便で800人以上の日本人とその外国人の親族を湖北省から避難させた後に出されました。

チャーターされた飛行機は、マスク、手袋、その他の救援物資を湖北省の首都武漢に運び、中国の人々に届けました。

日前の会合で、日本の茂木外光外相は、中国への本国送還の支援に感謝した。

世界第2位および第3位の経済大国である中国と日本の関係は、日本の戦時の侵略と地域の対立の遺産である、東シナ海の小さな島々のグループに対する領土の列に長い間悩まされてきました。

ヤンは、公衆衛生危機に関する日中協力が関係改善に役立つと述べた。 「中国は日本とともにこの困難を乗り越えたいと思っている」と茂木氏に語った。

「両国の人々が互いに助け合い、伝染の拡大に直面してのれんを拡大することで、二国間関係の回復と発展が促進されると確信しています。」

茂木は、ヤンとの会談後、中国の習近平国家主席が今年の春に国賓として訪日する計画に変更はないと述べた。

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.

Topics #ヤン・ジーチ #安倍Shin三