10年前にラグビーの大君主が今年のラグビーワールドカップを開催するために日本を選んだとき、彼らはスポーツの福音をヨーロッパ、オーストラリア、南アフリカ、アルゼンチンの伝統的な拠点を超えて広めたいと思っていました。アジアへの参加を後押しし、テレビ放送局からの関心を高めた新しいスポンサーが数人いることは、現実的な目標のように思えました。

しかし、ラグビーの大部分が大学や老人クラブに限定されている国でのスポーツを活性化させる日本のチームのro烈な成功を期待することはできませんでした。グループステージでアイルランド、スコットランド、サモア、ロシアに勝利した日本は、ワールドカップでグループを獲得したアジア初の国家となりました。キャップストーンは日曜日のスコットランドの敗北であり、日本を初めて準々決勝ラウンドに送りました。

そこで、日本は日曜日に南アフリカでさらに恐ろしい敵に直面するでしょう。日本チームが呼ばれているように、ブレイブブロッサムは、スプリングボックが4年前の最後のラグビーワールドカップで日本への衝撃的な損失を復したいという理由だけでなく、これまでにない方法でテストされます。南アフリカは、今年のトーナメントのウォームアップマッチで、9月に日本を41対7で突破しました。

それでも、日本人は田村優、松島幸太郎、福岡健樹のスピードとスキルだけでなく、外国生まれの選手のグループにも依存して、うまくプレーしています。 (多くのスポーツと同様に、ラグビーは、厳しい資格と居住要件を満たせば帰化選手を許可します。南アフリカで生まれた松島や、住んでいたニュージーランド生まれのキャプテンマイケルレイチなど、日本チームのメンバーは12人以上です。日本では彼はティーンエイジャーだったので、この方法で資格を得た。)彼らはまた、ノックアウトラウンドで大きなアドバンテージを持つ彼らの側にホームクラウドを持っているだろう。

しかし、勝ち負けは、日本が予想を大きく上回ることでしょう。ブレイブブロッサムは国のスポーツ新聞のトップページを定期的に埋めており、日本のグループプールゲームは健全なテレビ視聴者を引き付け、国の40%以上が日本の38-1​​9のサモアでの勝利を目指しています。あふれる群衆は、日本を見るためだけでなく、東京や他の都市の見張りパーティーで何千人もの人々によって集まってきました。

「地元のファンは私にとって驚くべきことでした」と南アフリカの1995年ワールドカップチャンピオンのヒーローで、現在はテレビのコメンテーターであるジョエルストランスキーは語りました。 「日本のファンは、ここにいるすべてのチームをサポートし、ラグビーユニオンの美しい試合をサポートするために大々的に出てきました。彼らは日本のシャツを着ています。彼らはアイルランドのシャツ、サモアのシャツを着ています。彼らは悲鳴を上げ、弱者に向かって叫ぶ。彼らは試みを称賛します。これに参加することは、まさに壮観です。」

より大きな問題は、ワールドカップによって生み出された興奮が11月2日に終了するトーナメントを超えて続くかどうかです。スポーツリーグは、長年にわたって日本への関心を高めようと試みてきました。メジャーリーグベースボールは、1990年代と2000年代に日本で定期的に展示会やレギュラーシーズンの試合をしていましたが、今ではそれほど頻繁ではありません。 N.B.A.今年は16年の休みを経て日本に戻りましたが、シーズン前の試合のみでした。 N.F.L. 2005年に日本に来るのをやめました。

サッカーは別の話です。日本は2002年にワールドカップを共催し、現在3つの部門がある国内Jリーグの人気を高め、スポーツへの若者の参加を促進しています。

ワールドラグビーはその成功を真似ることを望んでいますが、それはより困難な課題になることを示唆しています。日本には、ラグビー選手の10倍の登録サッカー選手がいます。ラグビーは、1860年代に横浜の駐在英国人によって初めて演奏されたもので、その熱心な国のエリートカレッジで演奏されています。第二次世界大戦前および第二次世界大戦中に大いに敬遠された後、スポーツは戦後の日本でリバイバルを経験し、1980年代の終わりには全国で約30万人に成長しました。

しかし、出生率の低下、サッカーとバスケットボールの台頭、ラグビー場の不足により、参加が浸食されています。現在、日本には約10万人のラグビープレーヤーがいます。日本のプロラグビーリーグは、安定した収入を得るための手段を提供する企業チームで構成されており、大学終了後もプレーを続けます。リーグはニュージーランドのキャプテンであるキーラン・リードを含む定評のある外国人選手を惹きつけましたが、ラグビーはチームスポーツとして、野球、サッカー、バスケットボール、バレーボールよりもはるかに劣っています。

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.