ブラジル、コロンビア、日本は、2023年の女子ワールドカップを開催するためにそれぞれ正式な入札を提出しました。FIFAは、オーストラリアとニュージーランドが共同入札を発表した翌日の金曜日にFIFAが述べました。

FIFAによると、4つの提出はメンバー国からの「前例のない関心」の中で行われ、トーナメントの次のエディションは32チームをフィーチャーする最初のセットになると述べた。

「フランス2019年は確かに女子サッカーの分岐点でした。FIFAのジャンニインファンティーノ会長は声明で次のように述べています。

フランスで最も最近の女性のワールドカップは、記録的なテレビ視聴者と高い出席者を楽しみ、米国が記録的な4番目のタイトルを獲得しました。

FIFAは、1月と2月に候補者を評価し、その後、FIFA理事会が2020年6月のアディスアベバでの会議で落札を選択します。

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.

Topics #2023年女子ワールドカップ