トミーフォードは、土曜日に日本の苗場の巨大なスラロームで、今シーズンで2回目のワールドカップ表彰台を獲得し、そのキャリアを獲得しました。

フォードは、2度目の米国オリンピック選手であり、クロアチアの初優勝者であるフィリップズブチッチに1.07秒遅れて3位に終わりました。 Zubcicは、スイスマルコオデルマットに0.74で勝った最初のランの後、12位から来ました。

フォードは、12月8日にコロラド州ビーバークリークでブレークアウト勝利して以来初めて表彰台に戻った。

「[ビーバークリーク後]、それからの特別な注意に対処するのは少し苦労しました」と、最初の走行後10位から回復したフォードは語った。 「再びその一貫性を見つけるのに少し苦労しました。それは私がこれまでに経験したことのない大きな学習経験だったので、私はその闘争に感謝しています。」

30歳のフォードは、ビーバークリークでの86回目のワールドカップスタートで、20年ぶりに米国男子の最長勝利と表彰台の干ばつを終わらせました。

彼は、2017年1月27日にトラビスガノンが下り坂を獲得して以来、ワールドカップで優勝した最初のアメリカ人になりました。 1990年代後半。

フォードはジャイアントスラロームシーズンの順位で5位にランクされ、3位のレースを残して3位の43ポイント遅れています。

男子ワールドカップは土曜日の夜に苗場でスラロームを続けます(11 ET、オリンピックチャンネル、NBCスポーツゴールド)。

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.

Topics #トミー・フォード