日本は、土曜日の予選ラウンドでエクアドルに敗れた後、11の全国男子チームをフィーチャーしたテニスチャンピオンシップである11月のデービスカップファイナルへの進出に失敗しました。

ベン・マクラクランと内山ヤスタカは、日本が2度敗北したキャンペーンの翌日、バーボン・ビーンズ・ドームのダブルス・ラバーでゴンサロ・エスコバールとディエゴ・イダルゴに7-6(3)、6-3で負けた。

「対戦相手のダブルスペアのプレイヤーは両方とも左利きですが、準備は万端です。重要な瞬間に長いラリーとポイントを獲得しました。予想以上に良いプレーをしました」と岩captain智は語った。

日本は3回の敗北で、12月の予選、昨年の4人の準決勝進出者、2つのワイルドカード国を含むマドリードでの11月23日から29日までのデイビスカップ決勝戦に進出しません。

日本とエクアドルの関係は、進行中のコロナウイルスの発生に対応して、密室で行われました。

金曜日の最初のラバーで、添田剛はエミリオ・ゴメスに7-5、7-6(3)で負けました。内山は3セットでバトルしたが、ロベルト・キロスに7-6(4)、2-6、7-6(8)落ちた。

右肘の負傷から復帰するために現在建設中の元世界No.4錦織Keiはプレーしなかった。

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.

Topics #デイビスカップ #テニス