ナルヒト皇帝の姪である日本の加古妃は、両国の外交関係の150周年を記念するレセプションに出席し、ウィーンで火曜日に日本とオーストリアの関係を強化するよう求めました。

皇帝の弟である文仁皇太子の24歳の娘による最初の公式の海外旅行は地元の関心を集めました。オーストリアのメディアは前日、アレクサンドル・ファン・デル・ベレン大統領への表敬訪問を報告しました。

レセプションに先立ち、王女はウィーンのインターナショナルスクールで子供たちと会い、ウィーン大学で日本語を学ぶ学生たちと会いました。彼女は乗馬学校も訪問しました。

彼女は木曜日にハンガリーの首都ブダペストに旅行し、日本とハンガリーの150年にわたる外交関係を祝う予定です。

9月25日までの訪問中、王女は表敬訪問を行い、ハンガリー大統領ヤノス・アデルとの昼食会に出席し、その機会を記念して夕食会で話します。

彼女の両親は2009年にオーストリアとハンガリーを訪れました。

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.

Topics #カコ姫