9回のオリンピック金メダリストであるウサインボルトは、彼の有名人としての地位が、規制を緩和し、環境面での恩恵が重要であると規制当局を説得するのに役立つことを期待して、電動スクーターを日本に持ち込みました。

現在の法律では、スクーターは道路でのみ運転でき、ナンバープレートを携帯する必要があり、ライダーにはオートバイの免許が必要です。

世界記録のスプリンターであり、ボルトモビリティの共同創立者でもある金曜日、東京のレストランでのイベントでの発表を発表しました。最初の目標は、スクーターのレンタルを交通規制が免除されている私有地に限定し、2020年末までに40の大学キャンパスで運営することです。

それを超えて、1年前のアメリカの新興企業の代表者は規制の緩和について規制当局と話し合っており、スクーターは交通渋滞を緩和し、それによって排出量を削減できると主張しています。ボルトは、彼の有名人がそのメッセージを伝えるのに役立つことを望んでいます。

「それが始まったので、私たちはまだ話し合って、環境のために前進し、より良いことをする方法を見つけようとしています」と彼はイベント後のロイターとのインタビューで語った。 「これが未来です。」

ボルトモビリティは、今年末までに世界20都市に、2020年には8か国に50都市を目指します。今年初め、ニューヨーク、パリ、ワシントンで発売されました。

電子スクーターの共有は、世界中の多くの都市部でいわゆる「ラストマイル」通勤の一般的な選択肢になっていますが、問題も生じています。

サンフランシスコでは、顧客は公共の通路で車を放棄し、市の弁護士に「公共の迷惑」と呼ぶようになりました。

パリでは、2人の死者と多数の負傷者の後にスクーターを乗せることができる場所の規則を厳しくしています。高齢のサイクリストは、9月にシンガポールの電子スクーターと衝突した後に死亡しました。

東京では、e-スクーターは依然として希少であり、現行の法律では低出力のモーターサイクルとして扱われています。しかし、それらをより主流にしようとする勢いが増しています。

日本自動車工業会が主催する今月の東京モーターショーでは、来訪者は国内外のスタートアップが作った電動スクーターを試すことができました。

世界最大の電子スクーター会社であるライムは、木曜日に日本のロビーグループマイクロモビリティ推進協議会に参加しました。

ただし、一部の日本政府関係者の支援にもかかわらず、規制の変更には時間がかかる場合があります。

「誰もが非常に便利だと言っていても、安全を最優先する必要があります」と日本の運輸省の当局者は、彼がメディアと話をすることを許可されなかったので名付けられることを辞退した。

「それは非常に高いハードルになるでしょう。」

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.

Topics #ウサイン・ボルト