三越は、1673年に着物屋として設立された日本の百貨店チェーンです。東京の日本橋エリアにある本店では、壮大な高くそびえる彫刻が店内を支配しています。この作品は1960年にアーティストの佐藤源玄によって作成され、三越のまごころ(誠実さ)を代表することを意図しています。時間が経つにつれて、彫刻自体がまごころとして知られるようになりました。

これは、日本の仏教神話に登場する天女または女性の霊的存在を描いています。彼女は不死鳥を伴って雲から降りています。その詳細には、複雑でほとんどサイケデリックな素晴らしさの中に、精巧な花のデザインと鳥、螺旋、炎のような波、曲線が含まれています。

巨大な作品の製作には、佐藤と彼の弟子が完了するのに10年かかりました。彫刻は、京都の500年前のヒノキのヒノキの木から作られ、粘土顔料で塗装され、金、プラチナ、宝石で装飾されています。ダイヤモンド、ヒスイ、aなど、12,000を超える個々の宝石が彫刻を覆っています。彫刻は約11メートル(36フィート)あり、重量はなんと6.8トンです。

インスタレーションの時点で、この像は大衆に好まれていなかったため、その像は不快でした。しかし、当初の不満にもかかわらず、今日マゴコロは三越の象徴的なシンボルとなっています。

三越本店は、日本橋駅の向かい側、日本橋駅または東京駅から徒歩約10分です。

マゴコロの彫刻は1階のレセプションエリアにあり、見逃せないサイズのため、上層階からも見ることができます。ただし、メインストアは大きく、2つの接続された建物に分かれているため、トラファルガースクエアのライオンのレプリカで装飾された古い建物に必ず入って、標識に従ってレセプションに向かいます。

Disclaimer: The views, suggestions, and opinions expressed here are the sole responsibility of the experts. No 富士タイムズ journalist was involved in the writing and production of this article.

Topics #天女まごころ #誠実の女神